登記簿謄本と各種印鑑の準備と提出

法人口座の開設に必要な書類は?

会社の設立時には必ずしも法人口座開設が必須ではありませんが、代表者個人の口座で取引するより、法人口座での取引を行う方が社会的信用が高まります。金融機関で法人口座を開設する場合には、必ず必要となる書類がありますので準備しておきましょう。必須書類は商業登記簿謄本と印鑑登録証明書、銀行印と会社実印に加えて本人確認証明書です。

商業登記簿謄本は履歴事項全部証明書のことで、法務局の窓口か環境が整っていればオンラインで取得してください。印鑑証明書はオンライン申請もできますが、そうでない場合は印鑑カード交付申請書を提出し、印鑑カードを交付してもらわなければ証明書を取得できません。これら以外にも事業計画書や納税証明書など必要に応じて書類を求められることがありますので、必要になったらすぐに提出できるようにしておいてくださいね。

口座開設時に注意することはある?

法人口座開設には必要書類を準備し、金融機関への書類提出後に審査を受ける必要があります。個人口座は比較的簡単に解説できますが、法人口座は取得しなければならない書類が多く、審査も厳しくなることに注意してください。審査を受けるうえで登記住所がバーチャルオフィスであったり固定電話がない、資本金が極端に低額である場合は信頼性の観点から審査に通りにくくなります。また事業内容や計画に曖昧な部分があると、断られることが多いので一貫性のある内容が明確なものを提出しましょう。もちろん金融機関によっても対応は異なりますが、これらの点に当てはまる場合は断られる可能性が高くなりますので気を付けましょう。金融機関は振り込め詐欺などを防ぐために、審査を厳しく行いますので、できる限り信用度を上げて審査を受けるようにしてくださいね。

© Copyright Corporate Bank Account. All Rights Reserved.