海外とやり取りが多い企業に最適なスムーズなメガバンク

国際的な信用がなければ海外業務はスムーズにいかない

海外とやり取りが多いビジネスの代表的なものが貿易です。貿易業、特に輸入では多くの場合、輸入代金を後払いにします。契約通りに品物が届いたかどうか確認してから支払いをするのです。輸出する側から見れば、後払いには大きな不安が付きまといます。本当に支払ってくれるのだろうか?と心配なわけです。もちろん、巨大商社なら国際的な信用があるので輸出する側もあまり心配しません。

しかし、日本国内でもあまり知られていないような企業の場合には国際的な信用もなくスムーズに海外で物を買い付けることもできません。そこで、銀行が間に入って契約通りに品物が船積みされた場合には必ず支払いをしますという保証をします。これをL/C(信用状)と言います。ただし、いくら銀行が保証するといっても国際的な信用がない銀行の保証は海外では受け入れられません。そのため、海外業務をスムーズに進めるには国際的信用度が高い銀行でなければならないのです。

メガバンクなら国際的な信用は大丈夫

日本で最も資産規模が大きいメガバンクは資産2兆7900億ドルで世界第5位です。また日本で2位のメガバンクは資産1兆7800億ドルに上ります。このレベルの銀行なら世界中で知名度があります。知名度は信用に大きな影響を与えます。このようなメガバンクの信用状なら貿易のやり取りむスムーズに運びます。

また、海外とのやり取りをスムーズにする要因の一つがネット取引の充実度です。メガバンクなら外国為替相場での立場も強いので有利な取引を行うことができます。日本の地方銀行などでは、海外業務を行ってはいるものの実質的には提携先のメガバンクを通じて取引をしていることも少なくありません。このような場合には為替相場は不利になり、諸手数料も割高になります。海外との取引ならメガバンクが圧倒的にスムーズに有利に進められます。

© Copyright Corporate Bank Account. All Rights Reserved.